福島県内の太陽光発電システム導入・ご相談なら会津太陽光発電にお任せください!蓄電池・ペレットストーブ専用サイトオープン!

お知らせ

 ■2016.5.14 平成28年度ペレットストーブ・薪ストーブ補助金が決定! NEW!
 ■2016.4.18 平成28年度 福島県と各市町村の補助金情報 NEW!
 ■2016.3.26 平成28年度の買取価格が決定しました
 ■2015.11.16 ペレットマン会津店へお越しください

太陽光発電の大敵、雨漏りをブロック!

 弊社では屋根に穴をあけないキャッチ工法での施工が可能です!

キャッチ工法

 太陽光発電で一番起こりやすいトラブル、それが雨漏りです。

 通常、太陽光発電パネルを屋根に設置するためには、取り付け金具をネジで屋根板に固定する方法が一般的です。ですが、年月が経つうちにそのネジの穴から雨水が入り込んでしまうことがあります。これが雨漏りの主な原因です。

 そうならないように金具の周りを充填材で覆う「コーキング」をしますが、でも屋根に穴を開けないで済むならそれが一番ですよね。
 まして、夏暑く、冬は雪に見舞われる福島は、コーキングが早く劣化する恐れもあります(そのため、設置後数年が経ったらパネルの点検と再コーキングをすることも大切です)。

 ですから弊社は、可能な限りキャッチ工法での施工をおすすめしております!
(キャッチ工法が可能かは屋根の種類によります)

「故障しない」は本当?

 「故障しない」「メンテナンスフリー」と言われる太陽光発電…

 それは、本当でしょうか?

 実は、パネルも製品である以上、一定の割合で不良が発生します。
 それではなぜ「故障なしのメンテナンスフリー」と言われるのでしょうか?

パネルの故障に気付くのは難しい

 屋根の上の太陽電池パネルは稼動音もなく、毎日黙々と電気を作ってくれます。操作も必要なく楽な反面、不具合が起きても判りやすく知らせてはくれません。
 「晴れているのに今日は全然発電しない!」「システムから変な音がする」…そんなことになればすぐ異常に気付けますが、実際はパネル1枚が不具合を起こしても、発電量が少し下がるだけです。

 太陽光発電はお天気や気温によって発電が左右されるため、発電量は日々変わります。
 お客様がご自宅に太陽光を付けたとして、もし発電量が少し低下しても、天気によるものだと思われるのではないでしょうか?
 不具合があっても気付きにくいから、「太陽光発電は壊れない」と思いこんでしまうのです。

不具合の影響が見えないわけ

 太陽電池パネルは「セル」と呼ばれる小さな板を直列に並べた電気回路になっています。ですがただ直列に配線しただけでは、一部分に影が掛かっただけでパネル全体の電流が途切れ、発電しなくなってしまいます。
 それを防ぐため、ほとんどの太陽電池パネルでは直列に並べたセルをさらに複数の並列回路に分割しています。これにより部分的に影が掛かっても、発電しないブロックを避けて「バイパスダイオード」に電気が流れるため、発電量は低下はしますがゼロにはなりません。
 しかしこの仕組みは、影だけでなく、故障や不具合が起きた場合にも同じように働きます。
 つまり、一部のセルが故障しても、そこを避けて電気が流れるため、何も問題がないように見えてしまうのです。

で、でも、施工店が点検すれば故障はわかるんでしょ?

 もちろん!…と言いたいところですが…

 実はパネルの故障は普通の点検ではわかりません。

 通常、施工店の点検で計測されるのは、太陽電池パネルの電圧だけです。  しかし、不具合のあるパネルが含まれていても、実は電圧には変化が表れません。

そんな検査では意味がありませんよね。

「意味のない検査」どころか、「売ったら売りっぱなし」で設置後の点検を一切しない販売店もあります…。

太陽光発電システムが頑丈で故障が少ないのは確かです。

 しかし、繰り返しますが、「製品」である以上
 「絶対故障しない」なんてことはないのです。

 故障は起きる可能性があります。
 だからできる限りリスクを少なくする施工と
 正しく、くわしい定期点検が必要なのです。

 正しい点検をすれば、もし故障していても発見できます。
 早めに手を打てば発電量の損失は小さくて済みます。

正しく、くわしい定期点検

 太陽光発電システムは、10年、20年とながく付き合っていくもの。だから各パネルメーカーも10年以上の長期保証をつけています。
 しかし、上でお話したように、故障に気付くのは難しいのです。
 故障を見つけられなければ、どんなに長い保証期間も無意味です。

 保証期間内に故障が見つかったパネルは無償で修理・交換ができます。
 そして、設置費用の回収期間もおよそ10年。

だから、大切な「設置後の10年間」を会津太陽光発電にまかせてください!

I-Vカーブトレーサーで設置前と設置後にパネルの正常な発電を確かめます

「電圧検査ではパネルの故障は判らない」ということを上でお伝えしました。
 故障を見抜くには、電圧だけでなく電流を測らなければいけません。
 なぜ一般的な検査で電圧しか測らないのか…それは電圧測定器が5,000円くらいと安価で手軽なのに対し、電流を測る機器はおよそ40万円と高額だからです。
 しかし確実な検査のためには絶対に必要です!

 ◆I-Vカーブトレーサーとは?
 太陽電池パネルの性能試験を行う、電流(I)-電圧(V)出力特性を測定する機器です。
 これがなければ、太陽光パネルの正確な動作は確認できません。

発電していなくても電圧だけの検査では合格に…

設置後3年目と9年目にパネルの無償点検

 「設置3年目に点検」、それは珍しいサービスではありません。
 私たちも最初は3年目だけの点検サービスを考えていました。

 しかし、保証期間過ぎて故障が起きたら、メーカーのパネル無償修理・交換は受けられません。

 もし保証期間終了の翌年に、ご自宅の太陽光発電システムの発電量が急に下がったら、こう思われるのではないでしょうか?
 「どうせ故障するなら、保証期間内にしてくれたら良かったのに…」

 ですが、正常なパネルがある日急に壊れるなんてことはまずありません。
 見過ごされてきた経年劣化や小さな不具合があったはずなのです。

私たちは保証期間が終わる直前にも点検を実施。
不具合があればメーカーに修理・交換を依頼し、
「10年過ぎてもしっかり発電」の
屋根にします

設置費用を回収した後は、売電額はそのまま収入になります!

会津太陽光発電では設置後3年目と9年目に
電流測定を含めたパネルの点検を実施します。
もちろん無料です。

検査内容
 ●開放電圧測定  ●I-Vカーブトレーサーによる電流測定
 *不具合があれば屋根に登らせていただき、パネルを確認します。

それにしても…

 …と思われるかもしれません。
 残念ながら「設置後サポートの重要性」に関しては、業界全体がまだまだ努力・認識不足です。
 もし複数の販売店をご検討中でしたら、設置後の点検についても営業の方にお尋ねされることをおすすめします。

設置1周年に発電量チェックサービス

 設置から丸1年を迎えるお客様には「発電量チェックサービス」のお知らせをお送りしています。
 お客様宅のモニターに蓄積された、1年分の月間発電量をFAXやメールでお知らせいただき、弊社でグラフを作成。
 太陽光発電システム導入前には必ず「発電シミュレーション」をお出ししておりますので、そのシミュレーションと比較し、順調に発電しているかを確認させて頂きます。
 比較結果はレポートにまとめてお客様へご返送いたします。

 ★シミュレーション通りなら安心、シミュレーション以上の発電量なら嬉しい!
 ★万が一故障があっても気付きやすい!

システムを見守ります!

「点検があるのはいいけど、数年に一度ではやっぱり心配…」
 そんなお客様に!

エコめがねが太陽光発電を見守ります!

「エコめがね」とは?

ご家庭の電力を「見える化」し、いつでも太陽光発電を見守れるサービスです。

見守リます!駆けつけます!

発電量に異常があれば、システムが自動で検知し、
お客様と弊社にメールで通知。
そして、私たちがすぐにメンテナンスに伺います。

エコめがねがパネルの異常を検知!
毎月、おうちで診断

 エコめがねはお客様の太陽光発電システムの仕様や日射量などの情報から、毎月「太陽光発電状況 見守りレポート」で発電状況を評価します。
 普通のモニタでも発電量は分かりますが、それが妥当なのかは自分では判断しにくいもの。エコめがねなら診断までしてくれます。

 発電量が少ない月があっても、故障ではなく天候によるものだとわかれば安心できますね。

どこでも見られる

 通常、太陽光発電システムの発電量やご自宅の電気の使用量を確認するためには、専用の宅内モニターを設置する必要があります。
 エコめがねは、インターネット回線を利用する事により、これらの情報をお手持ちのパソコンや携帯・スマートフォンで、いつでも、どこからでも確認することが出来ます。

・自分でしっかり発電状況を見守れるから安心&楽しい!
・収支予測や時間帯別電力量など、情報量もたくさん。
 全国のエコめがねユーザーとの比較も見られるから、節電意識もさらにアップ!

エコめがね画面

話題のHEMSも

 HEMS(ヘムス)とはHome Energy Management System(ホームエネルギーマネジメントシステム)の頭文字を取った言葉。家庭内のエネルギーをコントロールできるシステムのことです。
 Panasonicの“スマートHEMS”「AiSEG(アイセグ)」をご紹介します。
 ※現在インターネットをご利用されていなくても設置が可能です。

 専用モニターだけでなく、パソコンやスマートフォンから発電や使用電力状況を確認できます(自宅内からのみ)。
 AiSEGはさらにガス・水の使用量、エコキュートの出湯量など、家のエネルギーにまるごと対応。
 また、どの部屋の電気使用量が多いのかまで見ることができるため、より具体的な節電対策ができます。

 当社は他社に先駆けて、太陽光発電システムの情報化に取り組んでいます。
 代表の折笠は30年コンピューターと関わっておりますので、専門的なご提案が可能です。

リスクを少なくする施工

 太陽光発電システムを設置したいとお考えのお客様は、各メーカーのパネルの性能や、販売店ごとの価格は比較されると思います。
 ですが、設置工事に関してはお調べになりますか?

 施工方法や、施工で使用する部材は、各販売店・施工店で違います。
 その違いが、システムの寿命とご自宅の屋根の保全に影響します。

工事賠償責任保険に加入しています

 「事故?そんなの絶対起こしません!」その心でいつも設置工事をさせて頂きます。
 ですが、お客様のご自宅の屋根で工事をさせて頂くことには、大きな責任が伴います。

 事故を起こさないのは当然ですが、
 万が一に備えるのも当然の義務だと考えます。
 弊社は東京海上日動の工事賠償責任保険に加入しております。

こんな事故にご対応します

 ・施工から10年以内に、弊社の取付工事が原因で雨漏りが発生した。
 ・工事中にお客様の車やご自宅にキズをつけた。
 ・屋根上から工具が落下し、お客様にケガを負わせた。

 また、これもあたりまえのことですが、
 ・工事をはじめる前に近隣のお宅へご挨拶させて頂きます。
 ・掃除をし、工事前よりもキレイにして終了します。

 パネル設置日は、太陽光発電システムとのながいお付き合いのはじまりの日です。せっかくの記念日が、私たちのふるまいが至らないせいで台無し…。そんなことがないよう心を尽くします。

「日陰測定分析器」でより効果的なパネル配置

 「日影測定分析器」はその名の通り、屋根上で周囲の写真を撮影し、木々や建物の影が年間を通してどのように屋根に掛かるのかを特定します。
 それによって、例えば影の影響が少ないようにパネルを配置したり、または影の影響を受けにくいCIS系のパネルを採用したりと、より効果的な設計ができるのです。

 この機器で年間の日照時間も判ります。太陽光発電のシミュレーションは、通常その地域の平均的な日射量をもとに算出するので、大まかなものになりがちです。
 ですが、お宅ごとの日照時間が判れば、より正確なシミュレーションが作成できます。

 ただしこの機器も太陽光発電専用のため、約40万円と高額で、まだまだ使用している販売店が少ないのが現状です。

屋根を見続けてきた、実績ある職人が施工

 雨漏りや、パネルが外れるなどの事故を起こさないためには、たしかな技術での施工が何より大切です。
 福島の屋根を見続けて30年の職人をはじめ、熟練の職人達が自信を持って施工させて頂きます。

専門部材の使用で、より安心!

PFD管

 パネルから屋内へは、作った電気を送るための配線が必要です。
 その線を守る管が屋外専用の丈夫なものでない場合、経年で劣化し、ひび割れが起こる場合があります。
 しかも従来白い配線管が主流だったため、黒っぽい屋根の上でとても目立つなどの問題もありました。
 弊社では屋外専用のPFD管を使用します。

★特徴 ・業界最高レベルの耐候性
 紫外線に強い黒。プラスチック配管の外側をビニールで覆った二重構造でより丈夫に。
・黒色で屋根に調和します
 同じ露出配管用の部材にPFS管というものがありますが、1重構造です(Sはシングルの意)。
 当然1重構造の方が安価ですが、より丈夫で耐候性が高く、さらに見栄えのよいPFD管を使用させて頂いています。

太陽光発電専用コーキング剤

 屋根の材質や形状によってキャッチ工法が使えない場合、屋根にネジやアンカーを打って取り付け金具を固定する方式を採用します。
 この時に大事なのが雨漏り対策です。ネジの貫通部にしっかり防水処理を施し、雨水が入り込まないようにしなくてはなりません。

 弊社は太陽光発電パネル設置専用のコーキング材を使用しております。
 「専用のものがあるならどこの業者でも使っているのでは?」と思われるかもしれませんが、このコーキング材は一昨年2011年に「業界で初めての専用コーキング材」として発売され、まだ使用していない施工店さんも多いようです。

 *通常のシリコンのコーキング材は高くても1本500円程度、ですがこの太陽光発電専用のコーキング材は1本2000円します。
 これを一回の工事で10~20本使用します。

 高価ですが、雨漏りを起こさないためには絶対に必要です。
 ※太陽光発電専門のコーキング材は20年、そうでないコーキング材はおよそ7~8年で劣化すると言われています。
 劣化したコーキングからは雨水が入り込んでしまいます…!

【耐熱性・耐寒性】
 完全硬化後は-40℃~150℃の広範な温度条件でも安定、ゴム弾性を失いません。
 *なぜそんなに幅広い温度に対応する必要があるのかというと、屋根表面は夏場は70℃~80℃に、逆に冬場は-20℃以下になるなど、過酷な環境だからです。

【優れた防水性】
 耐久性・対候性・接着性に優れ、高い防水性を発揮!

 屋根のコーキングについて、詳しくはこちらもご覧ください。
 屋根にこういうことをします


 太陽光発電が「設置するだけ」で終わりではないことが伝わりましたでしょうか?
 太陽光発電は住宅設備です。
 おうちを建てるときにこだわるように、太陽光発電の設置とアフターにも存分にこだわって下さい!

お客様への約束

1 メリットだけでなく、デメリットもお伝えします。

 太陽光発電には様々なメリットがありますが、同時にデメリットも、雪国である福島特有の悩みもあります。
 それらも正直にお伝えします。良い点だけを並べて、デメリットを隠して販売を勧めることはしません。

2 押し売りをしません。

 「太陽光発電に興味はあるけど、軽い気持ちで問い合わせただけでもしつこく勧誘されそう…」そんなご心配はありませんか?
 私たちはしつこい勧誘や押し売りをしません。
 まずはお気軽にお問い合わせください。
 簡易的な見積もりが作成できます。「太陽光、うちには合わないみたい」とお感じになりましたら遠慮なく仰って下さい。
 「参考まで」で構いません。お気軽にどうぞ!

3 地域密着で設置後も安心を提供します。

 太陽光発電を長く使い続けるためには、設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスや万一の故障の修理など、長く見守っていく必要があります。
 わたしたちは継続的なご連絡やアフターサービスこそが大切だと考えています。
 設置後のご相談にも迅速に対応します。

新着情報

平成28年度ペレットストーブ・薪ストーブ補助金が決定!

【NEW!】平成28年度バイオマス暖房でCO2ダイエット事業 募集のお知らせ  今年もペレットストーブ・薪スト …

平成28年度の買取価格が決定しました

 「再生可能エネルギー固定価格買取制度」の平成28年度の新規参入者向け買取価格が決定し、経済産業省より発表され …

ペレットマン会津店へお越しください

 弊社1階の展示室が、「ペレットマン会津」として生まれ変わりました! 「ペレットストーブの実物を見てみたい!」 …

ペレットストーブと蓄電池補助金、終了いたしました

 昨年を上回る早さで終了となってしまいました。  県のペレットストーブ補助金は終了ですが、市町村はまだ間に合う …

ペレットストーブ補助金が今年も始まります!

人気のペレットストーブ補助金 27年度も ★平成28年度の補助金が決定しました!詳しくはこちら↓ ペレットスト …

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 会津太陽光発電株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.