福島県内の太陽光発電システム導入・ご相談なら会津太陽光発電にお任せください!蓄電池・ペレットストーブ専用サイトオープン!

お知らせ

 ■2016.5.14 平成28年度ペレットストーブ・薪ストーブ補助金が決定! NEW!
  ★2016.6.14時点でまだ11件残っております!★
 ■2016.4.18 平成28年度 福島県と各市町村の補助金情報 NEW!
 ■2016.3.26 平成28年度の買取価格が決定しました
 ■2015.11.16 ペレットマン会津店へお越しください

太陽光発電は設置後のサポートが最重要!

 太陽光発電は「故障しない」「メンテナンスフリー」と言われます。
 ですが「製品」である以上「絶対故障しない」ということはありません。

 太陽光発電はお天気や気温によって発電量が日々変わるため、故障によって発電量が少し低下しても「天気のせい」と考えてしまい故障に気づきにくいのです。

 しかも、パネルの故障は通常の点検ではわかりません。
 通常、施工店の点検で計測されるのは、太陽電池パネルの電圧だけです。しかし、不具合のあるパネルが含まれていても、電圧には変化が表れないのです。そんな点検では意味がありませんよね。
「意味のない点検」どころか「売ったら売りっぱなし」で設置後のサポートを一切しない販売店もあります。

 太陽光発電システムに故障が少ないのは確かですが「製品」である以上「絶対」はありません。
 だからこそ「正しい定期点検」と「リスクを少なくする施工」が重要です!

会津太陽光発電の強み・1
「売りっぱなし」ではないアフターサービス

設置後3年目・9年目に無償点検を実施!

 「設置3年目に点検」は珍しいサービスではありません。
 私たちは保証期間が終わる直前にも点検を実施。
 「10年過ぎてもしっかり発電」の屋根にします

設置費用を回収した後は、売電額はそのまま収入になります!

 会津太陽光発電はアフターサービス・福島県No.1を目指します。
 設置後2度の無償点検をお約束する販売店は県内でも珍しいと自負しております。

点検に使用する専門機器について 詳しくはこちら

設置から1年毎に「発電量チェックサービス

 設置から丸1年を迎えるお客様には「発電量チェックサービス」のお知らせをお送りしています。
 お客様宅のモニターに蓄積された、1年分の月間発電量をFAXやメールでお知らせいただき、弊社でグラフを作成。
 太陽光発電システム導入前にはお出しした「発電シミュレーション」と比較し、順調に発電しているかを確認させて頂きます。
 比較結果はレポートにまとめてお客様へご返送いたします。

 ★シミュレーション通りなら安心、シミュレーション以上の発電量なら嬉しい!
 ★万が一故障があっても気付きやすい!

 

会津太陽光発電の強み・2
屋根に穴をあけないキャッチ工法での施工が可能!

キャッチ工法

 太陽光発電で一番起こりやすいトラブル、それが雨漏りです。
 通常、太陽光発電パネルを屋根に設置するためには、取り付け金具をネジで屋根板に固定する方法が一般的です。ですが、年月が経つうちにそのネジの穴から雨水が入り込んでしまうことがあります。これが雨漏りの主な原因です。
 水が入らないように金具の周りを充填材で覆う「コーキング」をしますが、でも屋根に穴を開けないで済むならそれが一番ですよね。
 まして、夏暑く、冬は雪に見舞われる福島は、コーキングが早く劣化する恐れもあります(そのため、設置後数年が経ったら設備の点検をすることが大切です)。

 弊社は、可能な限りキャッチ工法での施工をおすすめしております!
(キャッチ工法が可能かは屋根の種類によります)

会津太陽光発電の強み・3
専用部材を使用した施工で設備が長持ち

 太陽光発電システムを設置したいとお考えのお客様は、各メーカーのパネルの性能や、販売店ごとの価格は比較されると思います。
 ですが、設置工事に関してはお調べになりますか?

 施工方法や、施工で使用する部材は、各販売店・施工店で違います。
 その違いが、システムの寿命とご自宅の屋根の保全に影響します。

専門部材の使用で、より安心!

PFD管

 パネルと接続箱をつなぐ配線はカバーによって守られています。そのカバーが屋外専用の丈夫なものでない場合、経年で劣化し、ひび割れが起こる場合があります。
 しかも従来は白いカバーが主流だったため、黒系統の屋根の上でとても目立つなどの問題もありました。
 弊社では屋外専用のPFD管を使用します。

・業界最高レベルの耐候性
 紫外線に強い黒。プラスチック配管の外側をビニールで覆った二重構造でより丈夫に。
・黒色で屋根に調和します
 同じ露出配管用の部材にPFS管というものがありますが、一重構造です(Sはシングルの意)。
 当然一重構造の方が安価ですが、より丈夫で耐候性が高く、さらに見栄えのよいPFD管を使用させて頂きます。

太陽光発電専用コーキング剤

 屋根の材質や形状によってキャッチ工法が使えない場合、屋根にネジやアンカーを打って取り付け金具を固定する方式を採用します。
 この時に大事なのが雨漏り対策です。ネジの貫通部にしっかり防水処理を施し、雨水が入り込まないようにしなくてはなりません。

 弊社は太陽光発電パネル設置専用のコーキング材を使用しております。
 「専用のものがあるならどこの業者でも使っているのでは?」と思われるかもしれませんが、このコーキング材は2011年に「業界で初めての専用コーキング材」として発売され、まだ使用していない施工店さんもあるようです。

 *通常のシリコンのコーキング材は高くても1本500円程度、ですがこの太陽光発電専用のコーキング材は1本2000円します。
 これを一回の工事で10~20本使用します。
 高価ですが、雨漏りを起こさないためには絶対に必要です。
 ※太陽光発電専門のコーキング材は20年、そうでないコーキング材はおよそ7~8年で劣化すると言われています。劣化したコーキングからは雨水が入り込んでしまいます…!

【耐熱性・耐寒性】
 完全硬化後は-40℃~150℃の広範な温度条件でも安定、ゴム弾性を失いません。
 *なぜそんなに幅広い温度に対応する必要があるのかというと、屋根表面は夏場は70℃~80℃に、逆に冬場は-20℃以下になるなど、過酷な環境だからです。

【優れた防水性】
 耐久性・対候性・接着性に優れ、高い防水性を発揮!

 屋根のコーキングについて、詳しくはこちらもご覧ください。
屋根にこういうことをします


お客様への約束

1 メリットだけでなく、デメリットもお伝えします。

 太陽光発電には様々なメリットがありますが、同時にデメリットも、雪国である福島特有の悩みもあります。
 それらも正直にお伝えします。良い点だけを並べて、デメリットを隠して販売を勧めることはしません。

2 押し売りをしません。

 「太陽光発電に興味はあるけど、軽い気持ちで問い合わせただけでもしつこく勧誘されそう…」そんなご心配はありませんか?
 私たちはしつこい勧誘や押し売りをしません。
 まずはお気軽にお問い合わせください。
 簡易的な見積もりが作成できます。「太陽光、うちには合わないみたい」とお感じになりましたら遠慮なく仰って下さい。
 「参考まで」で構いません。お気軽にどうぞ!

3 地域密着で設置後も安心を提供します。

 太陽光発電を長く使い続けるためには、設置したら終わりではなく、定期的なメンテナンスや万一の故障の修理など、長く見守っていく必要があります。
 わたしたちは継続的なご連絡やアフターサービスこそが大切だと考えています。
 設置後のご相談にも迅速に対応します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 会津太陽光発電株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.