福島県内の太陽光発電システム・蓄電池・ペレットストーブの導入・ご相談なら会津太陽光発電にお任せください!

蓄電池

電気は「売る時代」から「自産自消」の時代へ

買取期間終了後、作った電気はどうなる?

 これまで、太陽光発電で作った電気は出来る限り多く売電することが重要でした。
 しかし2019年以降、「余剰電力買取制度(2009年11月1日~2012年6月末)」「固定価格買取制度(FIT法・2012年7月1日~)」の買取期間(家庭用太陽光で10年)が順次終了します。このことが今「2019年問題」と呼ばれており、関心をお持ちの太陽光発電オーナー様も多いと思われます。
 買取期間終了後の売電単価は買う電気より低い金額になるとされており、売電のメリットが買取期間中より少なくなってしまいます。

 ※産業用太陽光発電(全量買取り)の場合は買取期間は20年です。

買取期間終了後の選択肢は大きく2つ

 買取期間終了後の選択肢は大きく分けて2つあります。

 1. 買取金額が下がっても余剰電力を売電する
 2. 電気自動車(EV)や蓄電池と組み合わせるなどして自宅で使い切る

1. 金額が下がっても売電する

 個人宅から電気を購入してくれる電力会社と契約し、売電することになります。契約しなければ、余剰電力は「無償で」流れていくだけになってしまうようです。

2. 自宅で使い切る

 多くの方にとって「自宅で使い切る」ことが一番シンプルな解決法ではないでしょうか。
 環境省も以下のように方針を打ち出しています。

住宅用太陽光発電設備等から創り出す再生可能エネルギーの用途を「売却」から「自家消費」へと切り替える。

※この文言を載せた補助金計画は実現に至りませんでしたが、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)補助金の中に蓄電池に対する補助があります。

 「買う電気」は今後燃料の高騰で金額があがりこそすれ、大きく値下げされることはあまり期待できません。
 高い電気をなるべく買わず、自宅で発電した電気を使い切る「エネルギーの自産自消」。それが太陽光発電システムによるエネルギーを活かし、エネルギー市場の動向に左右されない、今後の暮らしの主流となると見られており、国も「エネルギー自産自消」の住まいの普及へ注力しています。

発電電力を自宅で使い切るために必要なこと

 「自宅で使い切る」と言っても、平日の日中は家に誰もいないというご家庭では、晴天の昼間に発電した電気の大半は使い切ることができず無駄になってしまいます。
 そこで蓄電池が注目されています。

 蓄電池はまだ高額な商品ですが、2019年以降を見据えて導入量が急上昇しています。
 長らく太陽光発電と蓄電池にはそれぞれ別のパワーコンディショナが必要でしたが、数年前に2台の機能を1台にした「創蓄連携システム」「ハイブリッドパワコン」が登場し流れが変わりました。

取扱いメーカー

◯ 東芝
◯ オムロン
◯ Panasonic
◯ DMM
◯ シャープ

蓄電池選びのポイント

こだわりたいポイント重視で選ぶ

  • 停電時でも200V機器を使いたい(オール電化のお宅におすすめ)
  • 寒冷地だけど屋外に設置したい
  • 容量で選びたい
  • 寿命で選びたい

すでに太陽光発電設備がある場合

 すでにご自宅に太陽光発電設備がある場合、その太陽光発電システムと連携できるかということが重要です。多くのメーカーで他社製太陽光発電との連携が可能ですが、非対応のメーカーもありますのでご注意下さい。

蓄電池で生まれる「安心」

 各メーカーの蓄電池紹介ページ鋭意作成中です。
 蓄電池について、詳しくはお問合せ下さい。

お問合せはお気軽にどうぞ TEL 0242-36-7717 受付時間 平日 10:00 - 18:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 会津太陽光発電株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.