再生可能エネルギーとは

「地域を変える」
…そんなこと、大きな研究機関や企業がやること、と思いますよね。
それが、実際にその地域で暮らす一人一人によって実現するとしたら、すごいことではないでしょうか。
再生可能エネルギーなら、それができる!(かも!)

再生可能エネルギーとは?

 石油や石炭など、「いつかは枯れ果ててなくなってしまう」燃料(枯渇性燃料)とは違い、太陽光、太陽熱、風力、水力、地熱など、自然界にあり尽きることのないエネルギーのことです。
利用しても自然の力で再生できることから「再生可能エネルギー」と呼ばれています。

再生可能エネルギーの利点…エネルギーの地産地消

 石油などの燃料の輸入に年間23兆円ものお金を払っている…ということを前ページで書きました。
もし「地域内」でエネルギーがたくさん生産できれば、地域外や国外に出ていくお金はもっと少なくて済むはずです。つまりエネルギーを手に入れるためのお金が国内で使われるということです。

再生可能エネルギーでできること

 再生可能エネルギーが普及すれば、その製品の生産や、設置や整備などに人手が必要です。
それにより雇用が生まれます。

地域の住民が、地元の自然エネルギーで作られた電気や地元産の燃料をもっと簡単に使えるようになれば、わざわざ高いお金を払って海外から燃料を買う必要がなくなります。


原発事故後、各地で「地域のエネルギーは地域内で作る=エネルギー地産地消」の動きが広まっています。

わたしたちは

・家庭用太陽光発電システムの設置

・小規模太陽光発電所の建設

・木質ストーブの普及

…等々を通し、エネルギー地産地消の推進と、お客様のより高品質な生活のサポートを目指しています。
→木質ストーブ取り扱い ペレットマン会津