一番の違いは「お手入れ」!? MaSSC CLEAN MC-T101と某次亜塩素酸 空間除菌脱臭機の使用感を比較!

MaSSC CLEANと他機種との比較フジコー
 MaSSC CLEAN MC-T101について、お問合せ頂きありがとうございます。
 弊社在庫がなくなり、現在11月入荷分(5台)のご予約を受付中です!

 さて、弊社ではここ2週間ほど「MaSSC CLEAN MC-T101」を事務所内で稼働しておりました。

MaSSC CLEAN

 ※壁掛けタイプですが、床に置いて使用しています。

 手前にある機種が「MaSSC CLEAN MC-T101」です。

 奥は3~4年ほど前から使用しております「次亜塩素酸 空間除菌脱臭機」です。
 この2台を実際に使い比べられる機会はなかなかないと思いますので、記事にしてみました。

 ※弊社は除菌効果の比較ができる科学機関ではありませんので、あくまで使用感のご参考として御覧ください。

違い① 運転中の空気の匂い

 「次亜塩素酸 空間除菌脱臭機(以下「次亜塩素酸」と略)」は運転中に若干の塩素臭を感じます。臭気を解消してくれるのはいいけれど、却って塩素臭が気になるということがあります。

 …と書いてから検索しましたら、本家のサイトにこのような記述が。

「次亜塩素酸」自体は ほぼ“無臭”です。
●空気中の汚れやニオイなどに反応して、“塩素臭”が発生することがあります。

※塩素臭(反応臭)が発生するということは、汚れなどに反応している証拠であり、空間がキレイになっていることを実感していただけると思います。

 ということはつまり、塩素臭を日々感じる弊社は、空気が汚れているのか…

 ま、まあ、人が出入りしますからね。

 今度からは塩素臭を感じた時に「きれいにしてくれているな!」と思うことにします。

 対して、MaSSC CLEAN MC-T101は無臭です。もちろん消臭をしてくれますので、お弁当を食べた後も空気中に食品の残り香などが一切ありません。

 以前に、きついお香の香りを部屋に閉じ込め、MaSSC CLEAN MC-T101の消臭能力のテストをしたことがあります(コロナのコの字も出ていない2019年の夏でした)。運転後数分で確かに臭いがなくなりました…が、臭気測定器があったわけでもなく、感覚的な実験でしたので、明確な証拠としてお伝えが出来ず申し訳ありません。

空間が無臭なのは快適で素晴らしいですが、一方で塩素臭がある方が清潔感や「除菌している」感じを得られる場合もあります。

ここはお好みですね!

 次亜塩素酸は吹き出し口のごく近くに金属を置くと錆びてしまうそうです。弊社では近くにそのようなものはないため、今の所問題はありませんが、お使いになる方はご注意ください。

違い② サイズ、形状

 弊社にある次亜塩素酸は業務用・40畳目安のタイプなので、かなり大きめです。一般向けには9・12・18畳目安の3パターンがあります。18畳目安のタイプは下の写真の青い線程度とお考えください。

MaSSC CLEANと他社製品とのサイズ比較

写真にゆがみがあるので、おおよその目安としてご覧頂ければ幸いです。

 MaSSC CLEAN MC-T101は背が低く薄型でコンパクトなのが特徴です。床置きモデルと壁掛けモデルがあります。この大きさで28畳目安というのがすごい。

 一方次亜塩素酸は、写真の業務用は40畳性能ですのでごついですが、家庭用(18畳目安)は幅が狭く、スリム感があります。

設置される場所に合わせて形状もご考慮くださいね!

違い③ 作動音

これは正直どっこいどっこいだと感じています。

単位:db)弱(静音)
MaSSC CLEAN MC-T101244148
次亜塩素酸(18畳目安)283854
MaSSC CLEAN MC-T101 動作音

 再生するPC/スマートフォンによって音量が変わりますのでご説明が難しいですが…弊社のノートPC2台で試したところ、本体音量を50%・ビデオ自体の音量100%で、実際に機器の前にしゃがんで聞いている音量と同程度でした。単に弱~強までの動作音量の違いと思ってお聞きください。

違い④ 操作性

操作性

 MaSSC CLEAN MC-T101本体の操作ボタンは1つです。近年の日本の家電でこんなにシンプルなものがあっただろうかと考えてしまいます。

 ボタンを押すと「電源ON(弱モード)→中→強→OFF」と切り替わるだけです。何も覚えることがありません(壁掛け用にはリモコンがあり、風量の他にタイマー設定が可能です)。風量のマークもアイコンで示されており、使用される方の言語を問わず直感的にお使いいただけるので、海外へも展開できるのではないかと思います。

 次亜塩素酸は、機種によって内容が異なりますが、ボタンが複数あります。やたら漢字が並んでいるなあ…という印象です。細かい設定をせずとも電源をいれれば使えますので、難しいことはありません。が、操作を他の方任せにしていた自分は、初めて使った際は戸惑いました。弊社にあるのは塩タブレットを手動投入するモデルですので「塩を入れたらここを押すのね?」などと。すぐ慣れると思います。

違い④ お手入れ

 個人的には違いはここに尽きます。

 次亜塩素酸は、毎日タンクに水を入れ、別タンクに溜まった廃水を捨てます(弊社は毎日捨てています)。

 その他、月に1度、トレー、除菌フィルターセット・防カビユニット清掃が必要です。

次亜塩素酸の内部部品

業務用製品のパーツです。

 人によって、手間だと感じる方、自分の手で内部まで清掃できて清潔さを保てることが嬉しいと感じる方に分かれそうです。

 ちなみに自分はやったことがなく、気の利く同僚がいつもやってくれるので、頭が上がりません。

対してMaSSC CLEAN MC-T101のお手入れは以下の通りです。

 ・プレフィルター…1ヶ月毎目安

 ・MaSSCフィルター(光触媒フィルター)…表面のホコリがひどい場合のみ掃除機で吸い取る等の清掃を行う。それ以外はお手入れの必要はありません。 

プレフィルターのお掃除

 「自分はまめではない!」という自信がおありの方は、MaSSC CLEAN MC-T101の方がおすすめかもしれません。

まとめ

次亜塩素酸のメリット、おすすめの方

  • 医院や福祉施設等では、若干の塩素臭があったほうが清潔感が感じられる
  • 超有名メーカーなので信頼感がある
  • 9、12、18畳から選べる。業務用で24~56畳の大型モデルもあり
  • 製品内部まで自分でしっかり清掃したい方におすすめ

MaSSC CLEAN MC-T101のメリット、おすすめの方

  • 無臭である
  • 薄型で背が低く、場所を取らない
  • 壁掛けモデルもあり、リモコンでスタッフさんのみ操作が可能
  • シンプルな操作性
  • 煩雑なお手入れが不要
  • 28畳程度の空間で使用されたい方(8畳用でお手頃な価格の「Blue Deo」もございます)

 いかがでしたでしょうか。肝心の除菌については、研究機関ではないので何も検証ができませんが、使用感だけでもお伝えできましたら幸いです。

「MaSSC CLEAN(マスククリーン) MC-T101」11月入荷分のご予約受付中!
 品切れとなりご迷惑をおかけいたします。11月入荷予定は5台です。お早めのご予約をおすすめいたします。

2大特典
 ★本州送料無料でお届け!
 ★Blue Deoはクオカード¥1,000分プレゼント!

 ※誠に恐縮ですが、本州以外の地域に関しての送料はお問合せください。

Quoカードプレゼント

「Blue Deo(ブルーデオ)富士の美風」 弊社在庫 

「MaSSC CLEAN(マスククリーン) MC-T101」弊社在庫 台 *11月入荷

 BlueDeoをクレジットカード、銀行振込で即ご購入頂ける通販ページをご用意いたしました。

Blue deoご購入はこちら