福島県内の太陽光発電システム導入・ご相談なら会津太陽光発電にお任せください!蓄電池・ペレットストーブ専用サイトオープン!

東芝

 「国内の有名メーカーがやはり安心できる」とお考えのお客様にはパナソニック同様、人気があります。

モジュール変換効率・世界No.1!「20.1%」

 東芝は通常パネルの表面にある電極を、すべて裏面に設計する「バックコンタクト(裏面接続)方式」を採用。見た目がすっきりするだけでなく、電子のやりとりがスムーズになり高い発電効率を実現しました。
 また、反射による光の損失を最小限に抑えるため、セルの表面に反射防止膜を設けています。
 日本の実用モジュール変換効率の技術達成目標「2020年に20%」を、東芝の250Wモジュールは2013年にすでに達成しました!

◎屋根を有効に使えるコンパクトなパネル

【弱点】
▲性能が良い分、ややお高めとなっております。
 ・Panasonic 245W(変換効率19.1%)メーカー希望小売価格・145,000円
 ・東芝Sシリーズ 250W(変換効率20.1%)メーカー希望小売価格・182,500円
 ・東芝Lシリーズ 270W(変換効率18.2%)メーカー希望小売価格・178,200円

弊社イチオシの蓄電池「EneGoon」との連携

 太陽光発電で非常時に電気が使えることは大きなメリットですが、夜間は使えないのが難点です。近年、太陽光発電と合わせて蓄電池を導入されるご家庭が増えてきました。
 多くのメーカーで蓄電池が販売されていますが、弊社のイチオシは東芝の蓄電池「EneGoon」です。

「EneGoon」だけの安心

別次元の「長寿命」

他社の「リチウムイオン蓄電池」とは全く異なるリチウムイオン二次電池「SCiB」を搭載、12,000回充放電を繰り返しても約90%の容量をキープします。(他メーカーの蓄電池は2,000~8,000回の充放電で容量は70~80%になります)

ー20℃でも安心

 一般的な蓄電池は寒さに弱く、-10℃までの動作保証が一般的でした。真冬には-10℃を下回ることもある福島のご家庭には「EneGoon」がおすすめです!

最終更新…2016年5月28日

お問合せはお気軽にどうぞ TEL 0242-36-7717 受付時間 9:00 - 18:00 (日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 会津太陽光発電株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.