福島県内の太陽光発電システム導入・ご相談なら会津太陽光発電にお任せください!蓄電池・ペレットストーブ専用サイトオープン!

Panasonic

発電量トップクラス Panasonicの太陽光発電「HITシリーズ」

 言わずと知れた電気機器メーカー・パナソニック。その太陽光発電システム「HITシリーズ」は三洋電機(現在はパナソニックの完全子会社)が開発した製品です。
 他社に先駆けて太陽電池の開発をスタートした三洋電機。そのノウハウが詰まった「HITシリーズ」は弊社のオススメNo.1ブランドです。

Panasonic「HITシリーズ」の強み

 1. 他の単結晶とは中身が「別モノ」
 2. 夏の暑さに強い!
 3. 長期保証トップクラス

1. 他の単結晶とは中身が「別モノ」

 HITは単結晶シリコンにアモルファスシリコン層を加えた独自構造で、電荷ロスを低減させます。

 

クリックで拡大します

 他のメーカーをおすすめしている施工店様から「アモルファスは光劣化する、だからHITはいまいち」と聞いたと仰るお客様もいらっしゃいます。しかし、それは正確ではありません。
 アモルファスは「電荷ロスを低減させる」補助的な役割であり、発電自体は単結晶シリコン部分で行っています。アモルファスだから他のパネルより劣化が早いということはありません。
 また、アモルファスには光劣化を熱で回復させる特性があります。ですから光劣化についてご心配には及びません。

2. 夏の暑さに強い!

 冬場の発電量が少なくなりがちな雪国。だからこそ、夏に発電量をしっかり稼ぐことが重要です。
 ですが、太陽電池は熱が苦手。快晴の夏の日中、さぞ発電するだろうとおもいきや、最高で80℃以上にもなる真夏の屋根の上では発電量が低下してしまいます。
 HITのアモルファスは熱に強く、夏場の発電量損失を抑えます!

年間発電量を左右するのは「熱に強いかどうか」!

 一般的に、メーカー公表の「公称最大出力」や「変換効率」は、太陽電池の温度が「25℃」の時の数値です。しかし屋根上の太陽電池の温度は一日に40℃近く変化し、夏場は80℃以上になります。カタログ上の数値以上に、実際にどれだけ熱に耐えられるかが重要です。HITとそれ以外のパネルの変換効率差は微々たるものでも、この差が年間発電量の違いを生み出します。

3. 長期保証トップクラス

25年保証の製品が登場!!

 HITシリーズには公称最大出力や工法ごとにシリーズが分かれており、現在弊社がメインにお薦めしております「245α Plus」は業界トップクラスの「モジュール25年補償」です。  さらに機器瑕疵保証は15年でこちらも長期保証となっております。

最終更新日…2016年5月18日

お問合せはお気軽にどうぞ TEL 0242-36-7717 受付時間 9:00 - 18:00 (日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 会津太陽光発電株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.