さらにくわしく

エネグーンの規格

電池容量4.4kWh6.6kWh
質量110kg138kg
低格出力通常時:2.5kVA
停電時:2.0kVA
通常時:3.0kVA
停電時:2.0kVA
充電時間通常:約3時間/急速:2時間通常:約4時間/急速:2時間
設置場所屋外
使用温度範囲-20℃~40℃
定格電圧通常時:単相二線式200V
停電時:単相二線式100V
騒音値35dB以下(図書館並みの静かさ)
停電時の運転について

★出力について
 「6.6kWhタイプは3.0kVAのパワフル出力でエアコンやその他の電化製品を同時に使えます」(4.4kWhタイプは2.0kVA)と前ページでご説明しました。
 停電時はどちらのタイプも出力は2.0kVAとなります。太陽光発電の自立運転コンセントは1.5kVAなので、それよりも多く使えることになります。

★停電時には使える機器が限られます。
 停電時に蓄電池から電気を送ることができる機器を「選定負荷」と呼び、以下の様な機器が対象になります。
■居間の照明・冷蔵庫・テレビ等、非常時に最低限必要な機器。
■100V機器に限ります。

■壁のコンセントを「選定負荷用」にすることも可能です。扇風機、炊飯器、携帯の充電などにご利用いただけます。
■蓄電池取り付けの際にあらかじめ決定し、配線します。

 IHクッキングヒーターやエアコンなどは停電時にはご利用頂けません。ですが、長時間の停電時に一番困るのが冷蔵庫が止まり内部の食品が傷むことと、情報機器が使えなくなることではないでしょうか?これらの問題が解決するだけでも大きな安心になります。

蓄電池 Q & A

Q.設置場所は?

A.エネグーンは必ず屋外設置になります。室内、ガレージ、ベランダなどへの設置は原則不可です。雨風を防ぐための囲いなどは必要ありません。
 ですが雪に埋もれてしまっては吸気口・排気口が塞がってしまいますし、機器周辺が-20℃を下回るおそれがありますので、その心配がある場合は少し高さのある架台で設置します。機器の上に雪が積もりそうな場合は支柱付きの屋根を設置することもあります。
 通常はコンクリート基礎のみです。機器の高さが1m、基礎の高さは場合によりますが30cm程度ですので、窓を塞いでしまうような高さにはなりません。