「再生可能エネルギー固定価格買取制度」が新しくなります!

 最近お手元に「資源エネルギー庁」からのハガキやメールが届き、「どうしたらいいの?」と困惑された方も多いと思います。
 簡単に申しますと、太陽光で発電した電気を買い取る仕組みが4月から新しくなるため、お客様の太陽光設備について報告して下さいということ。太陽光発電設備を設置しているすべての方に報告義務があります。

 【ポイント】
 ★すでに太陽光発電設備の運転を開始されている方も、すべて事業計画を提出する必要があります。10kW未満の家庭用の太陽光発電も含みます!
 ★提出期限は平成29年9月30日。
 ★インターネット上で手続きができます。

  「パソコンは苦手」という方は書類郵送での申請も可能となるようです。

 「事業計画」と言われると難しそうで身構えてしまいますが、実際には5つ程度の項目に答える形が予定されています。日本中の太陽光発電を設置しているお宅のほとんどか提出するわけですから、どなたでも出来る内容になります…よ!

【予定されている項目】
①接続契約締結日(=連系日)
②買取契約締結先(=東北電力)
③買取価格
④設備を設置する敷地面積(詳細未定)
⑤太陽電池の合計出力

 どれもご契約書をご覧頂ければ記載がありますから大丈夫ですよ。
 詳しい内容は3月中旬に発表になります。発表後、改めて当サイトでお知らせし、弊社のお客様へはご案内を差し上げますので、ご心配なさらずにお待ちくださいませ。

参照:新制度の内容をお知らせするハガキ・メールに関するよくある問い合わせ(資源エネルギー庁)