この度、弊社代表の折笠が「エネルギーマネジメントアドバイザー」の資格を取得いたしました。
 太陽光発電による「創エネ」のみならず、蓄電池による「蓄エネ」、ご自宅や建物のエネルギー消費を見える化し使用量を削減する「省エネ」の、エネルギーの3本柱についてご助言し、ご自宅や職場にあったシステムのご提案をいたします。

 国は「2020年までにハウスメーカー等の建築する注文戸建住宅の過半数でZEH※を実現すること」を目標としており、「エネルギーを創り、エネルギーを極力使わない、効率のよい家」を目指すことがこれからの家造りの標準になります。

  福島でこれからエネルギーのことを考えた家造りをされたい方、どうぞ弊社にご相談下さい。 施工店様とご相談の上、ゼロエネルギー化を目指す家造りのお手伝いをいたします! 

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは
 とは、住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ねゼロ以下となる住宅です。(資源エネルギー庁「省エネルギーについて」

エネルギーマネジメントアドバイザーとは

 太陽光発電、蓄電池、HEMSなどのハードの知識だけでなく、複雑化、多様化するエネルギーマネジメント関連の内容を理解し、一般消費者に正しい説明ができるアドバイザーとして認定するものです。住宅の省エネ化、ゼロエネ化が必要不可欠な時代が到来するなかで、注目されている資格です。(パナソニック エコソリューションズ創研株式会社